読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよなら目覚まし時計

あ、あと5分だけだから~!

BYAKUYAはいいぞ(少プレ編)

オタク NEWS

 

せーのっ

 

「僕たちは、BYAKUYA大好き芸人です!」

 

 f:id:m1am:20161020220933j:image

BYAKUYA。

アルバム(White)の中でも明らかに異色。かぐや姫に恋したりガンジスのほとりでチュムがインディアしてる曲が揃ってる中でも異色。本編の前にBlack Jack-inter-という導入部分にあたる曲まで用意されている、徹底した世界観の作り込みがされた楽曲。

White 【通常盤】

White 【通常盤】

 

 

水曜 20時。

テレビの前でこんなに緊張したのはいつぶりだろう。

私は少年倶楽部プレミアムでこの曲が披露されるという情報を得てから、ウキウキとワクワクとドキドキが止まらなかった。小学生みたいな言葉の表現だけど本気でこんな感じだった。「少プレBYAKUYA」の為のCMソングくらいなら作れてしまいそうだった。本当にこの楽曲と、この曲の演出が大好きな人間なので最高に浮かれていた。

Whiteという円盤商品でとんでもない爆弾をお届けしてくれたBYAKUYA。キメッキメのサングラス ハット オールバック カラコン、とにかくオタクが飛びついて貪るように食って死ぬ爆弾しか詰め込まれていなかったBYAKUYA。

そう、あのBYAKUYAが、ついに今夜BSプレミアムでお披露目されるという。少し手が滑れば茶の間の目に入ってしまうという。正気でいられるもんか。

コンサートのようにステージで全て1発ギメ、という必要もないので セット、映像、衣装 どこまででもやり込める。やり込めてしまうのである。

手に汗を握り、テレビの真正面でその時を待った。スタジオの様子が消えて、“NEWS PREMIUM SHOW”の画面が見えた瞬間、私は息を止めていた。

 

始まりの場所は教会のようだった。

幕にマリア様のような絵(よく分からないのでここではマリア様と呼ぶ)が映り、そこに整列するJr.たち。

f:id:m1am:20161020175559p:image

アイドルの楽曲披露の時間でこんな場面、初めて見た。

被っている布は、白…銀…?

するとマリア様が消えて、そこは黒い死神のような物体(これもよく分からないのでここでは死神と呼ぶ)に支配される。それと同時に倒れ込む白のJr.たち。

f:id:m1am:20161020183252p:image

白から黒へ。ここ、マリア様が死神に変形しているようにも見えるし、被ってる布のシルエットも似てるような。この死神自体もグニュグニュ動くしまさに人間の奥底にあるどす黒い感情の渦巻きみたいに取れる。黒に染まった女神の苦悩…(性癖)

ちなみにこのあと白だったはずのJr.が起き上がったら全員真っ黒になっていたあたりで私の冷や汗は止まらなくなります。

 

イントロダクションを終えて、幕が開いて現れたのは純白の衣装を身にまとった4人。甘い甘い増田さんの声で、闇のような歌が始まる。

f:id:m1am:20161020212813p:image

白か、そうか、真逆ときたか。

私は正直ここで一度、安堵のため息をもらした。あのコンサートで披露された、とにかく真っ黒で首周りにモサモサした羽みたいのが装飾された衣装ではない。申し訳ないけどあの衣装を説明する為に必要なボキャブラリーが私にはこれ以上ない。モサモサ。

もし幕の向こうにあの4人がいたら、私は奥歯を噛み砕きながら発狂して泣いていたと思う。よかった。

 f:id:m1am:20161020202101p:image

画像では分かりにくいけど黒のJr.を従えてセンターへと進む4人。私的には白を保とうとする心に迫る黒い感情たちの画。

「真っ白か…黒に染まる前…」とか頭の中でぼそぼそ喋りながら、この時点で私は少プレさんに「堕ちる前の4人をありがとうございます」と手を合わせていた。

f:id:m1am:20161021010104p:imagef:id:m1am:20161021010530j:image

だってこれでビフォーアフター揃ったんだもの。何ということでしょう。

 

 f:id:m1am:20161020203004p:image

2番終わりで一旦降りる幕、死神がグニュグニュする間奏。グニュ間。本当語彙ひどいな私。

おっ

f:id:m1am:20161020203726p:imagef:id:m1am:20161020203743p:image

 

 

――――――生死の分かれ目――――――

 

 

 

 

 

f:id:m1am:20161020205156j:image

f:id:m1am:20161020205200j:image

f:id:m1am:20161020205203j:image

f:id:m1am:20161020205208j:image

 

 

 

 

やられた。

 

やりやがった。

 

堕としやがった。f:id:m1am:20161020205916j:image アワワワワワワワワ…

一気に喋り出す私の脳みそ

「嘘」「いや違うじゃん」「いや、」「堕ち…」「さっきまでの純白衣装はどうしたよ」「まさかのビフォーアフターセット」「堕ちてる」「闇に堕ちると書いて闇堕ち」「そう、これ闇堕ちだ」「White円盤で習ったもん、これ闇堕ちだよ!」「君(少プレ)と堕ちた白い夢…」「たぶん白い夢と書いて闇と読むよ」

 

 

軽く脈は飛んだと思う。心臓がギャロップした。不整脈。多分これが漫画だったら私の周りには大量の汗と「アワアワ」っていう擬音文字が飛んでいたと思う。目に滲んだものは汗か涙か。奥歯には多分ヒビが入った。

 

f:id:m1am:20161020211550p:image

モサモサしてる…確かにあの衣装だ…。加藤さんはヘアチェンジ、手越さんに至っては瞳の色が変わっているのである。闇に呑まれたら目の色変わるってそれどこの二次元???

本当にあのビジュアル持ってこられたらどうしようねーなんて笑っていたけど、なんだこれは。夢か。夢幻か。かなり本意気の死を感じた。

 

ちなみにラスサビからの記憶がほぼ飛んでいてそれから1時間ほどリピートを繰り返していたんだけど、4人の衣装チェンジ後周りのJr.の服は白である。BLACK & WHITE & WHITE &...

ここからは私の勝手な解釈垂れ流し(適当に流してください)なんだけど、この曲で幾度となく繰り返されるフレーズ、“BLACK & WHITE”。曲調からも何かに抗おうとしたり戦闘してるイメージが強くて、&というより、VSのイメージ。そしてその白と黒は目に見えるものではなくて、人間の渦巻く感情みたいなイメージ。

例えば白が良心だとすると黒はその逆。今回のステージではJr.が常に4人とは反対の色の服を着て周りを囲っているので、序盤は 白衣装 vs BLACK(黒Jr.)、闇に染まった後は 黒衣装 vs WHITE(白Jr.)。白衣装は迫りくるBLACKに呑まれないようもがくし、黒衣装はWHITEへの後ろめたさで苦しむ。ここ膨らませたらいくらでも遊べそうだよね、二重人格とかそういう方面でもおいしいよね。

説明下手もいいとこだけど、とにかく常に気持ちは晴れなくてそれこそ“白夜”の状態から抜け出せない。楽になんてなれない。うまく言えないがんばれ語彙。すごい厨二こじらせた子みたいになったな。

 

とにもかくにも!(無理矢理まとめに入る)、WHITEとBLACK両方の衣装を持ってきた少プレさんには本当にやられました。やられた、やられた、って言いながら放心状態のままリモコンを抱えて震えていました。

NEWSがこの番組のMCするって決まってから、一番にBYAKUYAのリクエストを送りました。本当に本当に素晴らしく、心臓に悪いPREMIUM SHOWをありがとうございました。

やっぱりこの番組凄い。

 

以上、BYAKUYAこじらせ芸人でした。

 

 

茶の間で手が滑ってしまった方はおられませんか?(にっこり)